新たに商談を展開することになった場合において、商談に関する法的なリスクや条件について専門家が交渉に入ることが必要な場合や、取引先との間にトラブル(例:https://www.chusho.meti.go.jp/faq/soudanjirei.html)を抱えた場合など法律上の知見に基づき交渉をすることが必要になる場面など弁護士が必要になる場面は昨今多くあります。
事前に業務について詳しい弁護士が依頼者様と相手方との間に立って交渉をすることにより、相手方からの不当な要求を受けるリスクも低減できます。
早い段階から弁護士の助言を受けることによって将来のトラブルを未然に防ぐことができることもあります。
是非、悩みを抱えていらっしゃる方、将来の展開を検討したい方はご相談ください。

*お問い合わせ項目
*ご氏名
ご所属
*メールアドレス
*メールアドレス(確認用)
*お電話番号 - -
*お問い合わせ内容
*個人情報取扱規程
当社の個人情報取扱規程について同意される方のみ送信できます。

PAGE TOP